ホーム » 特徴

日本で唯一、吸引式ハンドドライヤー

コロナ禍において施設のハンドドライヤーの多くが使用禁止を余儀なくされています。
洗った清潔な手を入れるから大丈夫だとの意見も有ります。


しかし問題は吹き飛ばす事で本体や周囲の壁に付着している雑菌を衣服に付着させる可能性がある事です。

Airlaboは長年、食品工場や精密部品工場で使用されている吸引型ハンドドライヤーで培ったノウハウを活かし、
2021年従来型と変わらないサイズの吸引型ハンドドライヤーを発表しました。


CIRCULA-001W

商業施設・公共施設・ホテルなどの空間に溶け込む
機能性とデザイン性を兼ね備えたコンパクトデザインモデル

  1. 水滴や雑菌を吸引し飛散なし。
  2. 高性能HEPAフィルターを搭載し安全。
  3. パワフルかつ音の静かな日本電産製モーター採用。
2021年7月発売予定
吸引循環型ハンドドライヤー
サーキュラ
形式CIRCULA-001W
希望小売価格(税別)オープン価格
サイズW330xD230xH690mm
モーター
(電圧AC100V単層)
100Vブラシレスモーター
(500W×2個)
消費電力1000W(予定)安定時
重 量約12kg
HEPAフィルター
(SUS枠)
ヒーターライト
乾燥室内LEDライト
水受けトレー容量1200cc(max)
耐薬品性次亜塩素酸水・
中性洗剤にて洗浄可能
本体腐食性スチール材不使用
破損特性樹脂飛散無し

従来型との比較イメージ ~飛散させない~

従来機と変わらないサイズながら2つのモーターを搭載。
HEPAフィルターで清浄化された機器内の空気を【吹付】た後【吸引】循環させるサイクルを行う事で周りに雑菌や
水滴を飛散させるリスクを大幅に軽減します。

本体内で空気を吸引、吹き出しを行う為周りに水滴や菌を飛散させません。

従来型は本体に残った水滴による菌の繁殖、周囲への拡散リスクが高い

従来型は周りに水滴や菌を飛散させるリスクが有ります。
飛散した水滴や菌は壁や衣服に付着して思わぬリスクを生むことも有ります。
東京都多摩府中保健所「食品営業施設におけるハンドドライヤー(高速風式手指乾燥機)の実態調査」で100%の従来型メーカーが水滴飛散が確認され、4台に1台の割合で内部に菌の繁殖が確認されました。
出所:東京都多摩府中保健所「食品営業施設におけるハンドドライヤー(高速風式手指乾燥機)の実態調査」(2008年9月〜2009年3月)
食品関係事業者8施設44台(延べ48台)の従業員用ハンドドライヤーについて、汚染実態調査を実施